177日目 めまいオブザデイ

朝からひどいめまいで、昼過ぎまで布団から出られず。
ご飯を食べたあとも布団に戻ってしまい、夕方まで寝て過ごします。

昨日、小説を全力で書いたから? それとも昨日の通院でいつもの薬を一錠多く飲むように言われたから? 夜になっても頭を押さえつけられているような気分は変わらず。

なるほど、うつの波というのはこんなにも落ちるものなのか。確かにこんな浮き沈みが何度も続いたら生きるの嫌になるのかも。
なんとか理性的に平静を保てているのは自分にはやりたいことがある、書きたいことがあるという気持ちがあるから。

あと、なぜか食欲は人前にあるので、なんかそこが微妙。100%不調というわけではない感じ。

やること
・人事の人が勧めてくれた心療内科を予約する
・カード請求の支払い
・皮膚科受診
・傷病手当振込日の確認

 

気温は10.7℃。気圧は 1011.9hPa。気分は最低。

176日目 小説を書く

8時起き。喫茶店で人事の人と二ヶ月ぶりの面談。
自分が体験したボランティアの話などを聞いてくれて、聞き上手だなと感じました。

半年過ぎても復帰のメドが立たないことに関しては「お医者さんを変えるのもありじゃない?」と言われ、カウンセラーの人への不信感もあり、「そうかもなぁ」と少し感情が動きました。

その後通院。今までカプセル一錠で飲んでいた薬が、実は二錠飲む必要があったと知ってびっくり。道理で数が合わないと……

薬をもらった後で、小川糸の短編「あつあつを召し上がれ」に影響され、自分も短編を書いてみようかなと思いたち、モスへ。1時間ほど書いてみましたが、なんだか楽しい!やっぱり創作に関する行いが、一番気分に良い。

気温は5.6℃。気圧は1020.9hPa。気分は普通。座禅は20分。

175日目 開き直った1日

最近気分の波が良くないので、やけで昼過ぎまで寝ていました。
午後3時、近所のフレッシュネスバーガーへ。
小川糸の「あつあつを召し上がれ」を読んだら、想像以上に良い本でした。食べ物の描写が丁寧で、そしてその背景にある人間ドラマもうまく描かれており、読んでいるだけで楽しい気分になってきます。

ここで気分の波が少し安定した感じ。腐ってないで、「いつか治る」ということだけを信じて日々を過ごさないと。正直頭痛いし耳なりが収まらないしで、あんまり体調はよくありませんが……

気温は8.0℃。気圧は1022.0hPa。気分は低い後普通。座禅は20分。

174日目 最低の波

10時起き。

ここ一週間くらい最低な波が続いています。とにかく気分が「落ちる」というよりは「上がらない」。何もしたくないし何も感じないし絶望しかない気分がずーっと止まらない。目まいも収まらない。

正直かなりキツイ。初めて「もう何もかもがどうでもいい」「もう治らないんじゃない?」「もう終わりだ」みたいな事を考えてしまっています。

家にいたくなくて午後2時から8時まで外を歩いたり喫茶店でダラダラしたり。でも全然気分が晴れない。

夜10時くらいになってようやく気分が落ち着くけど、それまでは最低な1日が何度も続く感じ。

気温は9.3℃。気圧は 1018.0hPa。気分は最低。

172日目 スーパー銭湯に入り浸る

8時30分起きからの二度寝。もうここ最近二度寝ばかり。

なぜか胃がもたれているため、ずっと気分が塞いでいる状態。何もしたくないし誰とも話したくないような、とにかく何もかもイヤな気分。ここ数日そんな状態が続いています。

夕方、外でラーメンを食べ、その後スーパー銭湯へ。サウナに入って少し生き返った気分。その後お風呂を出て、ラウンジで休憩して、もう一度お風呂へ。かなり温まりました。

なんか最近気分が優れません。朝起きれない→生活リズムが整わず行動できない→眠れずダラダラ夜更かししてしまうのサイクル。
「もう何もかもがどうでもよくなっちゃった」
と投げ出したくなってしまう。

気温は11.3℃。気圧は1016.3hPa。座禅は20分。

171日目 ひどい肩こり

8時半起き。しかし頭痛と肩こりがひどくて二度寝
まともに布団から出たのは午後1時。ああもう、早く復職したいと思う一方で、まともに起きれる日の方が少ない。

夕方整体へ。首のこりがひどいのが少し緩和。
夜、アマゾンプライムで「孤独のグルメ」を視聴。観ているだけでお腹が減ってきます。

気温は4.7℃。(マイナス2℃)気圧は 1017.8hPa。気分は最低。もう気温が冷え込む日に必ず体調を崩すのをなんとかしたい…