131日目 読書三昧

この日は復職に向けて、朝起きて朝から活動。
9時30分に家を出ると、近所のドトールで「悪魔の手毬唄」を読了。最初は登場人物が多すぎて一度挫折したのだけれど、改めて完読できてよかった。

さらに本屋で和田流の「のぼうの城」を買い、途中で散歩したり、ゲーセン行ったりしながら、また夕方まで読書。

座禅のおかげかはわかりませんが、前よりも物事に集中できる時間が増えた気がします。

いまさらだけど、復職すると決めておきながら、復職する理由はハッキリしていない状態。

うつ病で休職した場合、同じ職場に復帰するのが一般的」と本に書いてあったから?
「ここで逃げたら悪い癖がつくよ」と、うつ病経験のある先輩に言われたから?
たった一人の気に入らない上司のせいで、職場を変えるのは癪だから?
ここで仕事を辞めても他に行きどころがない(と思い込んでいる)から?
復職のために手を貸してくれた人事の人とかに対する義理を感じているから?

こう考えると、改めて自分って「こうしたい!」「これがやりたい!」っていうものがないんだなぁと思う。だからせめて、新しい部署(どこで何をするのかもわからない)で、与えられた仕事を自分なりに頑張って、
「この会社で仕事をする意味」を見つけ出せたらと思う。そのうち、自分が意義を感じられる仕事とか、よその転職先とか見つかるかもしれないと思って。

気温は15.7°。気圧は1017.3hPa。気分は普通、でも落ち着いている。座禅は20分